優しい女性の職場での受け入れ方

男性と女性では、体の仕組みも脳の仕組みも少しづつ違っていると言われています。例えば、男性の脳は左脳と右脳を繋ぐ回路が細いため、感情と論理を切り替えながら話をしなければならない構造となっているのです。女性の脳は、左脳と右脳をつなぐ部分が男性に比較すると太いため、感情と理論が一体となって話をしたり聞いたりする傾向があります。また、女性は母性という特性がある点も見逃せないでしょう。一般的に、優しい女性にはこの母性を感じることが理由であることが多いかもしれません。こういった特性を理解しておくと、職場で男女が一緒に働く時にも役に立つでしょう。例えば、会議中の発言も男女で違ってきます。男性の場合は、論理的に話すか感情的に怒鳴るかの二択に絞られがちです。女性の場合は、理論的な説明の中に感情表現に基づく主観が混じる傾向にあります。ただ、お互いの特性をあらかじめ理解しておけば、発言のエッセンスだけを抽出して理解し、建設的な議論を進めていくことができるはずです。また、母性から生まれる優しさを纏った女性の雰囲気が、職場の空気を温かくする効果も見逃せないでしょう。男性も、そういった効果に関して感謝する度量があれば、その職場はより円滑なコミュニケーションが図れるようになり、組織が活性化する可能性もあるはずです。感情豊かな女性・優しい女性をどのように職場で受入れ、活かしていくかが今後の職場管理では重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です